本文へ移動

平成31年死亡災害事例(速報)

平成31年 愛知県内建設業死亡災害事例(平成31年3月4日更新)

No.
発生
時間
労働者数
被災者職名
年齢
経験
事故の型
起因物
災害状況
1
1月
15:00~
15:30
1~9
作業者
40代
19年
激突され
チェーンソー
道路新設工事で、その予定地にある樹木を伐採し搬出する工程において、被災者がチェーンソーを使用して伐倒した樹木の玉切り作業をしていたが、その現場付近で倒れていたところを、少し離れた場所で作業していた事業主に発見されたもの。 
2月
16:00~
16:30
1~
9
 
作業者
60代
37年
墜落、転落 
屋根、はり、もや、けた、合掌
屋根修繕工事において、明り取り折板の交換のため、屋根上で墜落防止用の手すり等の仮設資材設置作業中、被災者は作業が終了したため屋根から降りるまでの間に、設置済みの手すりの外に出て、交換する予定のない劣化した明り取り折板を踏み抜き、約15m下に墜落したもの。
平成31年2月4日現在の愛知労働局による労働災害死亡災害把握数の速報値です。
 
 
※ 当支部ホームページでは毎月の月初めに愛知労働局が発表するデータのみ更新掲示しております。
 最新のデータが必要な場合は「愛知労働局⇒事例・統計情報」(https://jsite.mhlw.go.jp/aichi-roudoukyoku/jirei_toukei/anzen_eisei/toukei.html)にてご確認願います。
TOPへ戻る